スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HD650購入

SENNHEISER HD650を59800円で購入してきました。

売り場にT1も試聴可能な状態で置かれてたのでついでにちょっとだけ試着してきましたが
……アンプのグレード差もあるせいか想像以上に素晴らしい音だったので……まあ忘却することにしました(笑)
さすがにおいらには無縁の世界です……


F1001270.jpgF1001271.jpgF1001272.jpgF1001273.jpgF1001274.jpgF1001275.jpg

箱がなんか違うなあ……と思ったら

F1001276.jpgF1001277.jpgF1001278.jpg

ゼンの箱にもれなくついてくるはずのダンディーなおじさまおにいさまが箱の表にも中にもどこにもいませんでした(苦笑)

さっそくX1060に差して「HAHAHA!ウォークマンよ!己の非力さを思い知れ!」とかやろうとしましたが、MAX(音量33)でなんとかなったDT990やK601ほどのパワーは不要でK530やER4Sと同程度のボリューム(音量20)で音量がとれました……つまりウォークマンでも普通に使える程度の音量の取りやすさですね。
結局ウォークマンだと苦しいのはK601ぐらいですか(苦笑)

……そんなことはどうでもよくて……X1060で十分HD595とはあらゆる面で格の違いを見せつけてくれる感じですね。
正直これほどすごいとは試聴ではわからなかった
……強いて言えばボーカルがHD650はやや遠目で高音のシャープさがHD595が上という感じですが……そんなことなんてどうでもいいくらいの差を感じますね

それにしてもDT990、AD2000、PRO650。そしてこのHD650とどれひとつとして同じ低音が無いのが恐ろしいところです……嗚呼ヘッドホンスパイラルの恐ろしさよ……進めば進むほど沼地にはまってゆく

DT990やAD2000、PRO650と違ってまさしく「ナチュラル」としか表現しようがない低音ですね
……それどころかIE7やHD595のような下からえぐりこんでくるような重低音とも違って自然に低いところまで出てきますね。いままでゼンの特徴と思い込んでいた要素はHD650については無縁のようです。

KAF?A55につなぐと高音が上にまでさらに伸びるかわりに低音がやや控えめになってややフラットな感じに鳴りますね
……それにしても音の分解力はAD2000よりも上な感じがしますね。Xの場合よりもかなり高音のキラキラ高音が出てきました。

さてもうちょい聴き込んでみますが……


万能と思いきやいきなり東方(除くFM音源曲)は案外いまいち
音そのものは素晴しいがまったりとしすぎるのと音が遠すぎる印象で……なんとなくモコモコと音が篭ってしまっている印象。開放型なのに「篭っている」とたまに書かれているのはこの音故でしょうか。
開放型が篭るわけないのですがこれは正直「篭っている」としか表現しようがないですな(苦笑)。
もしくはベールを何枚かかぶせたような音
もっともすべての曲に合わないというわけでなく高音キラキラな曲にあんまり相性がよくない印象です…あくまで主観ですよ(苦笑)
FM音源曲には高音を殺さずかつ不思議な音の厚みが出てきますね……これはこれで面白い鳴り方
……ちなみにHD595はこうならずに柔らかく厚みのある音になります。

もっとも打ち込み系がダメかといえばそういうわけでもなくパフュームあたりだと逆に全体的に音の重さというか厚み……なんというかガツンとした重さを感じますね。
音色の相性と低音の存在感の差でしょうかね。
ダンス系の曲はテンポはまったりしてキレがなくなるかわりに音の厚さと重さが加わるので迫力感はUPする気がします……あとはどちらがいいのかの好みの問題ですね。軽く高速なAD2000とスローながら重量感のあるHD650は対称的な鳴り方に感じます。

ロックについても同じ感じですね。重いギターの響きと息遣いの生々しさは、さらにナチュラルな残響感は決してロックに向かないとは思えません。キレとスピード感を重視するか、重さと生っぽさを重視さするかで変わってきそうですね。

クラシックについては……やっぱりこれもK601とはちがった方向で手持ちでは最高峰ですね。
残響の広がりのナチュラルさと音の厚みは正直他のヘッドホンには出せない印象です。一応DT990が近い印象ですがでもこれに比較するとさすがにどこか作り物めいた感じに思えてしまいます……まあDT990はだからこそいいのですが。

……「手持ちでは」とわざわざ書いたのはT1をうかつに聴いてしまったから……あれはやっぱりクラシックではさすがのHD650やK601でも圧倒的な格の違いを感じるほど音の立体感を感じてしまった……いかん忘れようあれはやはり幻聴に違いない……絶対ほしくなんてならないぞ(苦笑)


今日はこのくらいで……未完成交響曲をなめらかさと音の重さを兼ね備えたこのヘッドホンで聴くともうその壮大さで心が打ち震えてくる……聴き慣れていたものなのに新しい感動を発見できる……嗚呼ヘッドホンスパイラルのすばらしさよ!

HD650その2
HD650その3
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。