FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奥にしまいこんでいたES7が出てきたので久々に聴いてみたら……びっくりするほど良かった
DJ1PROを出すときについでに出したはずが……なぜかDJ1PROよりも今は好みですね

固い音が今は自分の好みなんでしょうね……それにしてもDJ1PROの音がだんだん柔らかい音に感じるようになってきたな拡散するような面白い音場はあいかわらずですが

ES7を聴くとコンパクトな音場とシャープな残響も悪くないなあと感じますね
それにしてもこのヘッドホンは「軽快」さが目立ちますね、ドラムやギターのスピード感とややゆるみ気味の軽低音がからんでなかなか面白いですね
コメント

ultrasone

pikopikoさん、こんにちは。ultrasoneのヘッドホンて、すごく特徴のある音場で、使い出してはまったら止められない、というのを頻繁に見かけますが、具体的にどういった感じなのでしょう。音が拡散していくっていうのは、それだけ広い空間で鳴ってくれることなんでしょうか。それとも、密閉型であるにも関わらず、凄く抜けがよい音を出してくれるということなんでしょうか。

Re: ultrasone

chiwawacrassさんコメントありがとうございます
ゾネホンには S-LOGICという独特の機構がついていましてこの音についてよく「浮遊感」がある音という表現を見かけます

ハウジングはまるでポータブル機のように薄く、何も仕掛けがなければきっとES7のような耳に固まって張り付いたような音になるはずなのですがこのSロジの効果で大型のハウジングのような広い音場となります
つまり
>それだけ広い空間で鳴ってくれることなんでしょうか
の方ですね。

もっとも擬似的に作られた広い音場なので音の遠近感が誇張気味だったり、低音にポータブル機のような…表現は悪いのですがまるで押し寿司のご飯のような…圧縮感があったりとやや不自然な面もあります。この不自然さを意図的に(?)強めて他のヘッドホンにはない音の乱反射的な味付けを載せ音の躍動感を演出しているのがDJ1PROの特徴だと個人的に感じてます…まあ的外れかもしれませんが(苦笑)

一方PRO650の場合はベースギターの輪郭がわりとしっかりと出てかつ重い音が出るし、ギターにも金属的な艶が載るのではげしくかき鳴らすタイプのリードギターを一番魅力的に鳴らしてくれるのでロックでこそ生きるのがゾネのPROシリーズの特徴ですね

あと基本的には密閉型特有の篭りあるのですがPRO2500だけは開放型なので密閉型のようなパンチのある重低音と音の(無理やりな)立体的な分離という特徴そのままに開放型ならではの高音の抜けの良さという新しい武器も持っていますので、はまればきっと他のは選べない音になるんだろうなと試聴したときに思いました
というわけで
>密閉型(の特徴を持っている)であるにも関わらず、凄く抜けがよい音を(も)出してくれる
という機種もあるのがゾネホンの面白いところですね

魅力

pikopikoさん、ありがとうございます。また、とてつもなくぞくぞくする表現ですね。イメージがわき、凄く理解できました。ゾネは高額であるにも関わらず、みんなが憧れるのを納得できました。浮遊感ですか。うーん、やっぱりはまりそうですね。早くどこかで試聴できる所を探します。

Re: 魅力

chiwawacrass さん
ゾネホンはいいものですよ。
HFI系のシャープな音もいいものですし、ライブ感の高さはゾネならではですね
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。